スポンサーリンク

シェアする

へキトラハウス大炎上後、謝罪もせず意味深な動画を挙げて大批判を食らう

へキトラハウス大炎上後にまさかの謝罪なしで大批判をくらう……。

スポンサーリンク

ブスババ抜きゲームで現在大炎上

連日YouTube界隈を騒がせている大物YouTuber「へキトラハウス」が「ブスババ抜きゲーム」の動画後、謝罪もせずに「ブスにブスって言ってなにが悪い」といったタイトルを付けた動画を出した。

動画の内容

上記の動画は、視聴者から「意味深すぎる」や「反省していない」との声が多くあがった。理由としては、動画のサムネイルから察せられる通り謝罪動画ではなく、メンバーの一人「トランジスタ」の顔が空中に浮き様々な顔芸をするといった内容だったからである。

問題になっている動画の概要欄には「普段の外ロケでのインタビューや絡み撮影の際にはお声がけした方には企画の内容を説明した上で合意をしていただけたら動画に顔出し出演していただく流れなのですが、今回の「ブスババ抜きゲーム」の撮影時にはロケハン時に声をかけてくださったファンの中から出演していただく方を選んで企画の内容を説明し出演の可否を確認して了承を得た方を対象に撮影をしました。 しかし可否を確認せずに撮影をした方が居た事も事実です。 その方とは事務所を介さず直接連絡を取っており直接お会いして謝罪をしたいという旨を伝えており、合意を得ております。 配慮が欠けていたことは自覚し反省しております。 今後はこのような事が起きないように注意し より多くの視聴者の皆様が楽しんでいただける動画を作れるよう尽力していきます。 また、朝はZIP派です。」(以上「」内は全文コピー)

と、このような「ふざけている」と大批判を受けるきっかけとなる投稿をした。

謝罪については

この動画をあげたきり、これからの活動内容や謝罪に関しては一切公開されていないことから、所属事務所などと話し合っている最中という見解もできる。

SNS上でも今回の件は多くの議論を呼び、もはや収集がつかなくなってきている状態だ。実際に声を掛けられた被害女性については、「ファン」と「一般女性」だったが動画の可否を確認せずにアップロードした件に関しては、被害女性を見つけ謝罪したという意向を示した。しかし、一般女性とどう連絡を取り合ったかは不明であり、そこについても「ウソ」かもしれないとコメントが多く寄せられている。

他のYouTuberの反応とは?

へキトラハウスの育ての親とされる大物YouTuberの「マホト」はこの件に関しては関わっていないものの、同日挙げた動画内のコメント欄にへキトラの事件を綴ることばかりだった。

そして「マホト」に関しても別内容だが軽く炎上した。

上記の動画に関しては謝罪動画ではないが、自身の前日の動画を取り上げ話題にしている。

前日の動画↓

その中の一部には「へキトラハウス」の行動を思わせるパロディも含まれており、「マホト」の優しさもうかがえる。

よりひとも連日コメント

UUUM所属の「よりひと」も連日この件に関しては真面目に言及しており、多くの支持を集めている。今のところ「へキトラハウス」と仲が良いYouTuberは「マホト」以外取り上げておらず、「よりひと」の発言にもある通り、今後の謝罪発表を求めているとの発言が後を絶たない。

スポンサーリンク